香蘭社 有田焼の時計

リズム時計の70周年記念モデルとして香蘭社の伝統的な絵柄
を採用した、香蘭社 有田焼の時計です。

  • 4SG799HG03

    雲散らし799

  • 4SG799HG03

    瑠璃富士絵799

特別な絵柄

「雲散らし799 / 瑠璃富士絵799」

香蘭社の絵柄の中でも特に思い入れの強い絵柄を選定しています。大切な方への贈り物におすすめの逸品です。

さらに詳しく

雲散らし柄

1876年のフィラデルフィア万博でグランプリを受賞した当時のデザインです。
千変万化流動する雲と鳥の組み合わせをイメージした風雅な文様です。
流れ過ぎゆく「今」を刻み続けるクロック。日々の人生を祝福する「時」の為の意匠を、暮らしのかたわらに。

瑠璃富士絵柄

古くから親しまれている富士絵を2013年の世界遺産を記念して書き下ろした作品です。
富士山頂の真っ白な雪が、金彩に浮かび上がる印象的なデザイン。
日本情緒あふれる桜で囲まれた香蘭社独特の美しい瑠璃色の時計です。

さらに詳しく

歴史は、今。そして未来

 有田焼は今から約400年前に生まれました。李参平によって、有田泉山で陶石が発見され、この陶石を使って日本で初めて作られた磁器が有田焼のはじまりと言われています。格式ある工藝美を特徴とする有田窯業は、長年伝統的な技法と構図を守り続けてきました。
 その傍ら、今も生き続ける日本の磁器窯業の中心地として、積極的に新しい作風への取り組みに挑戦しています。新しい作風と伝統的な技法の両方に触れることで有田焼は日々進化しています。
 伝統を守りながらも、新しい事に挑戦し続ける有田焼は、計り知れない可能性を秘めています。

有田焼の時計はこちら

top